5minQuiz

5min Quiz

毎日報道されるテレビや新聞の「必携ニュース」を、選択式のクイズにし、月曜日から金曜日(祝日除く)の朝7時30分頃に提供しています。

web/アプリ(iOS・Android・Window対応)での単独利用や貴社サイトへの掲載など様々な利用が可能です。

Q.1

17年度医療費、過去最高を更新

9月21日、厚生労働省は、2017年度に病気やけがの治療で医療機関に支払われた概算の医療費(速報値)を公表した。前年度比2.3%増の42兆2316億円となり、速報値では2年ぶりに増加に転じ、過去最高を更新した。高齢化の進展や医療技術の高度化を背景に医療費はほぼ右肩上がりで推移しており、担当者は「増加傾向は今後も変わらない」と分析している。ところで、医療費の内訳で、16兆9674億円と全体の40.2%を占めるものとは?

2入院医療費

 9月21日、厚生労働省は、2017年度に病気やけがの治療で医療機関に支払われた概算の医療費(速報値)を公表した。前年度比2.3%増の42兆2316億円となり、速報値では2年ぶりに増加に転じ、過去最高を更新した。高齢化の進展や医療技術の高度化を背景に医療費はほぼ右肩上がりで推移しており、担当者は「増加傾向は今後も変わらない」と分析している。

 概算医療費には全額自己負担分や労災の医療費用は含まれていない。このため、確定値はさらに膨らむ見通しだ。

 医療費の内訳は、「入院」が16兆9674億円で全体の40.2%を占める。「入院外」は14兆4123億円で34.1%、医薬品の「調剤」が7兆7129億円で18.3%と続いた。

 1人当たりの医療費は8000円増の33万3000円。75歳未満が22万1000円だったのに対し、75歳以上の後期高齢者は94万2000円に上った。

 合わせて発表された16年度の国民医療費(確定値)は、前年度確定値比0.5%減の42兆1381億円だった。人口1人当たりの医療費も0.4%減の33万2000円。ともに06年度以来10年ぶりに減少した。 

 最大の要因は、16年度からC型肝炎治療薬など高額だった薬剤の価格が下がったため。医療費の内訳では、調剤医療費が前年度から3964億円減少し、全体額を押し下げた。

Q.2

米男子ゴルフ最終戦、ウッズが5年ぶり優勝

9月23日、米男子ゴルフのプレーオフ最終戦「ツアー選手権」(米ジョージア州・イーストレークGC)の最終ラウンドが行われ、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズ(42・米国)が1オーバーの71で回り、通算11アンダーで逃げ切って、ツアー5年ぶりの優勝を遂げた。歴代2位の通算勝利数を80とした。ところで、今大会で4位に入り、シーズン総合優勝を果たしたジャスティン・ローズ(英国)が獲得した特別ボーナスとは、いくらだ?

31000万ドル(約11億2500万円)

 9月23日、米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は、ジョージア州アトランタのイーストレークGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、単独首位でスタートした42歳のタイガー・ウッズ(米国)が1オーバーの71で回り、通算11アンダー、269で逃げ切って、ツアー5年ぶりの優勝を遂げた。歴代2位の通算勝利数を80とした。優勝賞金は162万ドル(約1億8200万円)。

 16位から出た松山英樹はこの日ベストスコアの65と伸ばし、通算6アンダーの4位に入った。通算9アンダーの2位にビリー・ホーシェル(米国)。

 4位のジャスティン・ローズ(英国)が積算ポイントで争うシーズン総合で優勝し、ボーナス1000万ドル(約11億2500万円)を獲得。総合でウッズは2位、松山は13位だった。 

 ◇ウッズの略歴

 タイガー・ウッズ(米国)生後6カ月でゴルフに興味を持ち、3歳にしてハーフで48をマーク。アマチュアで活躍し、96年にプロ転向。97年マスターズを史上最年少の21歳3カ月で制し、同年6月に世界ランキング1位に。99年に全米プロ、2000年には全米オープンと全英オープンでも優勝してグランドスラム(メジャー4大会制覇)を達成。けがなどで低迷したが、4度目の腰の手術から復帰した今季はツアー選手権前までにトップ10が6度。米ツアー通算80勝。185センチ、84キロ。カリフォルニア州サイプレス出身。42歳。

Q.3

白鵬、41度目の優勝、幕内1000勝で花

9月22日、大相撲秋場所14日目は、東京・両国国技館で行われ、横綱白鵬が大関豪栄道を上手投げで下し、昨年九州場所以来となる5場所ぶり41度目の優勝を遂げ、自身の歴代最多記録を更新した。今年はけがが相次いで3場所休場しており、初めての優勝となった。合わせて、前人未到の幕内1000勝も達成した。ところで、白鵬に次ぐ、幕内879勝の記録を持つ力士とは?

3元大関魁皇

 9月22日、大相撲秋場所14日目(東京・両国国技館)、白鵬が豪栄道を下して14連勝とし、5場所ぶり41度目の優勝を決めた。前人未到の幕内1000勝(2位は魁皇の879勝)にも到達。豪栄道は3敗。横綱対決は稀勢の里が鶴竜に勝ってともに10勝。栃ノ心は阿炎を退けて勝ち越し、かど番を脱出。御嶽海は高安を破り8勝目。高安は3敗。十両は4敗で大奄美と徳勝龍がトップ。 

 ◇幕内優勝力士略歴

 白鵬 西横綱 本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋。01年春場所初土俵。04年夏場所新入幕。07年夏場所後に横綱昇進。15年初場所で大鵬を抜く33度目の優勝。17年名古屋場所では魁皇の歴代最多通算1047勝を抜いた。今場所は横綱800勝、幕内1000勝を記録。33歳。192センチ、154キロ。得意は右四つ、寄り、上手投げ。
5minQuizについては03-3553-5255よりお問い合わせ下さい。
※ PC向けのブラウザからは発信できません。